« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

はんげんぱつ新聞~チャルカ

はんげんぱつ新聞1月号が届きました。

島田恵監督の第2作品映画『チャルカ~未来を紡ぐ糸車~』
核のゴミ捨て問題を問う

スタジオザブーンロビーに置いています。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

鬼が辻

今年もカミガツジが鬼が辻に!

2017年2月11日(土)13:00~16:15開催です。
小雨決行、中止の場合は当日会場に看板が出ます。

あんた なかなか 鬼ってるゥ!

どうぞご参加ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

バレンタイン一揆

みなさんぼちぼちとバレンタインチョコの準備を始めているころでしょうか?2月14日を前にチョコレートについて考えてみませんか!ちょこっとチョコレート付きの映画上映会開催です。小さなお子様連れ大歓迎です!どうぞお気軽にお越しください。

映画『バレンタイン一揆』上映会

【上映日時】2017年2月12日(日)
      13:00~ 15:00~ 19:00~ 3回上映
【会場】スタジオ・ザ・ブーン
【料金】予約1000円 当日1200円 小学生以下無
 ちょこっとチョコレート付き
  ※13:00~と15:00~はママさんタイムを実施します。
   小さなお子様と一緒にご鑑賞いただけます。
【予約&お問い合わせ】
スタジオ・ザ・ブーン(総社市中央3-13-117)
☎080-3653-7197 ✉yhosso19731220@yahoo.co.jp

NPO法人ACE設立15周年記念ドキュメンタリー映画
チョコレートの原料、カカオ豆を、どこで誰がつくっているのか、あなたは知っていますか?
ガーナで児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語。

Synopsis
児童労働って?フェアトレードって?小さな一歩をふみだした、日本の女の子たちの奮闘記。
日本の普通の女の子3人が、アフリカのガーナで出会ったのは、たくさんの子どもたちがカカオ農園で働かされ、
学校に通うこともできない「児童労働」という現実でした。バレンタインデーに、フェアトレードでつくられた、ほんとうに愛のある
チョコレートを、日本のみんなに選んでほしい。彼女たちは動き出しました。イベントの名は、「バレンタイン一揆」。
果たして、彼女たちの想いはみんなに届くのか??
これは、児童労働の問題と出会い、悩み、闘った、日本の女の子たちの物語です。
Story
ガーナで児童労働の問題を知った、日本の普通の女の子3人は、動き出す。バレンタインに、チョコレートを通して
世界の問題について考えること。フェアトレードでつくられたチョコレートをちゃんと買うこと。それこそが、バレンタインにすべき、大切なことなんだ、と。そして、みんなでフェアトレードのチョコレートを買う「バレンタイン一揆」というイベントを企画。
「バレンタイン一揆」当日、彼女たちの想いはみんなに届いたのか・・・。 

2012年 日本 64分 配給:ユナイテッドピープル

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

明日はモンゴルデー

明日1月29日(日)12:00からモンゴル祭り、15:00から遊牧の民の調べコンサート開催です。

12:00からのモンゴル祭りでは、昨年実施のモンゴル衣装の体験、モンゴルの遊び(シャガイ)体験、モンゴル写真展、カザフ刺繍のワークショップ(有料)に加え、今年はモンゴル料理体験も実施します。

料理体験では、モンゴル料理のボーズを作ります。参加費無料です。試食ありです。小さなお子様でもOKです。どうぞお気軽にご参加ください。

15:00からは遊牧の民の調べコンサートを開催します。2012年から続いているコンサートも今年で7回目となります。こちらもどうぞお聴きください♪

遊牧の民の調べコンサート in 総社 Vol.7
    ~馬頭琴&ドンブラの音色~

日時 2017年1月29日(日)
   14:30開場 15:00開演
会場 スタジオ・ザ・ブーン
出演 アマースレン・ドルジパラム
   リヤス・クグルシン
   西村 幹也
料金 予約2000円 当日25
00円
          モンゴル茶付き
          小学生以下保護者同伴で無料
          小さなお子様連れ大歓迎!

《主催&お問い合わせ&予約》 
ワールドカルチャーパーク実行委員会
住所  岡山県総社市中央3-13-117
  (スタジオ・ザ・ブーン内 総社ハローワークそば)
携帯 080-5238-3436  
メール studio-the-boone1989@ezweb.ne.jp
スタジオ・ザ・ブーンHP http://homepage3.nifty.com/studio-the-boone/
NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁHP http://www.shagaa.com/

♪遊牧民の民族楽器の音色をモンゴルの映像とともにお楽しみいただけます♪

アマースレン・ドルジパラム(馬頭琴)
馬頭琴(モンゴル国ではモリンホールと呼ばれる)は、モンゴル民族楽器を代表する楽器である。弦と弓に馬の尻尾の毛が使われ、馬の彫刻が施されるなど、遊牧民がもっとも良きモノとする馬との関わりが深い楽器であり、人々の運気を高め、良きモノを迎え入れ、悪しきモノを追い払うことのできる特別な楽器として敬われている。演奏者のアマースレン・ドルジパラム氏はモンゴル国文化功労者勲章を授与され、多くのコンクールで入賞経験を持つ演奏者であり、さらにユネスコ制作の「現代馬頭琴演奏者曲集」に収録されるにいたる。特に音楽教育を受けたわけでもなく、医師免許を持ち、医大で教壇に立っていたという変わった経験を持つ。音楽が好きだという気持ちだけで音楽を続けてきた在野の演奏家であり、現在は幼稚園で子供達に音楽を教えている。氏は馬頭琴演奏のみならず数多くの賛歌、物語の弾き語りに加え、モンゴル伝統芸能の一つ「オルティンドー」も歌える多才な演奏家である

リヤス・クグルシン(ドンブラ)
ドンブラはカザフ民族楽器を代表する楽器の一つで、カザフ遊牧民たちの生活にもっとも近いところで、いつも奏でられてきた楽器である。ドンブラ独奏曲はもちろんだが、ほとんどの歌の伴奏がこの楽器で奏でられ、わずか2本の弦で奏でられているとは思いがたい表現力を持つ。モンゴル国のカザフ地域(アルタイ山脈北麓)では、今なお、カザフ文化の多くが昔ながらに伝えられてきた。演奏者のリヤス・クグルシン氏は幼少の頃よりドンブラ奏者の父のそばでその演奏を聴きながら育ったが、プロの演奏家とはならず医学の道に入った。医師免許を取得した後も、多くの人々にドンブラの腕前と歌声を高く評価され、機会があるごとに呼ばれては演奏を披露し、第一文化功労者勲章を持つに至っている。

西村 幹也(司会進行・スライド解説)
1994年モンゴル情報紙しゃがぁを創刊し、発行を続けながら、モンゴル地域でのフィールドワークで得た知識、情報を様々な形で紹介してきた。現在、北海道羊蹄山麓在住。文化人類学、宗教人類学を専門とし、特にシャーマニズムやトナカイ飼養民ツァータンの生活などを研究テーマとしてきたが、興味の範囲は音楽、芸術など広範囲に及ぶ。近年は写真展なども多く開催するようになっている。「もっと知りたい国モンゴル」(心交社2009)の他、共著多数。北海道民族学会会員。北海道立北方民族博物館研究協力員。NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ代表。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

KrAcK~クラック

昨年からザブーンイベントでお世話になっているKrAcK2834さん。

12月はGypsyJazzLiveでドリンク&スペイン料理を、今月開催の映画『台北カフェ・ストーリー』ではドリンク&スイーツを提供していただきました。

上映会の日は映画にも登場するティラミス、プリン、珈琲、ハーブティーなどをお楽しみいただきました。映画と共に素敵なひと時となりました。ありがとうございます。

次回ザブーンでの登場は4月18日(火)を予定しています。どんな内容になるのかな??

2月から営業時間が変わり、夜も営業されるようです。夜のクラックさんもお楽しみください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

情報ひろば~山陽新聞

いつもスタジオザブーンイベント情報の発信でお世話になっているのが山陽新聞の「情報ひろば」のページです。

岡山、広島、香川を中心とした文化・イベント情報が毎週木曜日の紙面に掲載されます。

本日は1月29日(日)開催の『遊牧の民の調べコンサート&モンゴル祭り』の情報が掲載されています

今年様々なスタジオザブーンイベントでお世話になります!紙面チェックをお忘れなく!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

シネマザブーン映画祭

平成28年度は昨年4月からユナイテッドピープル配給の映画を毎月上映してきました。年度終わりの3月は一気に4作品上映のシネマザブーン映画祭として開催します。どうぞご覧ください。

シネマザブーン映画祭 in スタジオ・ザ・ブーン
 2017年3月26日(日)開催

シネマザブーンで上映する37作品目~40作品目となります。
『映画をよりより未来のためにbyユナイテッドピープル
どうぞご覧ください。みなさまのご来場お待ちしております。

12:00~『ビューティフルアイランズ』106分 日本 2009年
14:20~『サバイビング・プログレス』86分 カナダ 2011年
16:20~『ジェンダー・マリアージュ』 112分 アメリカ 2013年
19:00~『0円キッチン』81分 オーストリア 2015年

【料金】※予約料金(当日は+500円)小学生以下保護者同伴無料
 1作品鑑賞1000円 2作品鑑賞1500円
 3作品鑑賞2000円(特典付き)4作品鑑賞2500円(特典付き)
  たくさん鑑賞すればするほどお得です!
【上映会場&予約&お問い合わせ】 
 スタジオ・ザ・ブーン
 総社市中央3-13-117(総社ハローワークそば)
 ☎080-3653-7197  ✉yhosso19731220@yahoo.co.jp

【作品紹介】
『ビューティフルアイランズ』 
南太平洋のツバル、イタリアのベネチア、アラスカのシシマレフ島。主人公は、気候も文化も異なる島で、それぞれ故郷を愛して生きる人々の“普通の暮らし”だ。絆を育む祭りや、代々受け継がれてきた伝統工芸、食文化、水辺のゆったりとした生活。そのどれもが、今、気候変動によって失われる危機にある。ナレーションやBGMをあえて入れない構成を選んだのは、彼らのありのままの暮らしのずばらしさを見てもらうため。波や風の音に耳を澄ませ、子供たちの輝く笑顔とともに、近い未来に消えてしまうかもしれない文化を味わう。気候変動がさらに深刻化になったとき、私たちはそれを失うかもしれない―― 私たちにできる第一歩はまずは知ることだ。

『サバイビング・プログレス』
5万年もの間、人類の頭脳はアップグレードされていない。それにもかかわらず同じ頭脳をオペレーションシステムとして、21世紀に私たち人類が直面する難解な問題解決を図ろうとしている。人口増、大量消費社会や地球環境破壊など、問題は深刻さを増すばかりだ。問題解決のために生物化学や宇宙開発という進歩への挑戦が試みられるなか、ベストセラー作家で『暴走する文明「進歩の罠」に落ちた人類のゆくえ』の著者ロナルド・ライトは、目先の利益のために将来を犠牲にする「進歩の罠」によってこれまでの文明が繰り返し破壊されてきたことを指摘し、現在、人類が文明の崩壊の瀬戸際にあると警告する。ライトがナビゲーターとなり、コリン・ビーヴァン(『地球にやさしい生活』)、ジェーン・グドール(霊長類学者)、スティーヴン・ホーキング(理論物理学者)、デヴィッド・スズキ(遺伝学者/活動家)、サイモン・ジョンソン(前IMF チーフエコノミスト)たちと人類の未来を考察する。製作総指揮にアカデミー賞受賞監督のマーティン・スコセッシ、『ザ・コーポレーション』監督のマーク・アクバーを迎えて、壮大なスケールと圧倒的な映像表現で人類の進歩史を描き、21世紀を生きる私たちに警鐘を鳴らす渾身のドキュメンタリー。

『ジェンダー・マリアージュ』
同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、結婚を男女間に限定する州憲法修正案「提案8号」が通過。同性婚が再び禁止されることになった。この「提案8号」を人権侵害であるとして州を提訴したのが二組の同性カップル。クリス&サンディとポール&ジェフ。アメリカ合衆国最高裁判所で婚姻の平等が初めて争われるこの訴訟のもと、かつてブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスも手を取り合う。愛とは、家族とは、人権とは……。彼らのかつてない闘いを5年以上に渡って撮影し続けた感動のドキュメンタリー。

『0円キッチン』
『0円キッチン』はジャーナリストで“食料救出人”のダーヴィドが食料廃棄をなくすため、廃油で走るキッチン・カーでヨーロッパ5ヶ国を巡り、廃棄食材クッキングの旅に出るエンターテイメント・ロードムービーだ。消費社会に生きる私たちは、まだ食べられるのに大量の食料を毎日捨ててしまっている。世界食糧計画によると、世界で生産される3分の1の食料は廃棄されており、その重さはヨーロッパ全体で8900万トン、世界全体では毎年13億トンにもなる。各地で食に関するユニークな取り組みを行う人々と出会いながら廃棄食材料理を振舞い意識変革にチャレンジするダーヴィドの『0円キッチン』の旅から食の現在と未来が見えてくる。ダーヴィドは「どうやったら捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変えることができるのだろう?」と問いかけ、廃棄される予定だった食材を救出し、廃棄食材料理を作って出会った人々に届けていく。旅に使うのは植物油で走れるように改造した自らの車で、ゴミ箱で作ったキッチンを取り付けオーストリア、ドイツ、オランダ、ベルギー、そしてフランスへと旅していく。使った廃油は684.5リットル、走行距離は5079km、救出した食材は690kg。彼は食材を救い出しつつ、それぞれの国で食の問題に取り組む活動家たちと出会いアイデアを学んでいく

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

モンゴルフェスティバル

いよいよ次の日曜日1月29日(日)開催です。12:00からモンゴル祭りスタート、15:00から遊牧の民の調べコンサート開演です。

12:00からのモンゴル祭りでは、昨年実施のモンゴル衣装の体験、モンゴルの遊び(シャガイ)体験、モンゴル写真展、カザフ刺繍のワークショップ(有料)に加え、今年はモンゴル料理体験も実施します。

料理体験では、モンゴル料理のボーズを作ります。参加費無料です。試食ありです。小さなお子様でもOKです。どうぞお気軽にご参加ください。

15:00からは遊牧の民の調べコンサートを開催します。2012年から続いているコンサートも今年で7回目となります。こちらもどうぞお聴きください♪

遊牧の民の調べコンサート in 総社 Vol.7
    ~馬頭琴&ドンブラの音色~

日時 2017年1月29日(日)
   14:30開場 15:00開演
会場 スタジオ・ザ・ブーン
出演 アマースレン・ドルジパラム
   リヤス・クグルシン
   西村 幹也
料金 予約2000円 当日25
00円
          モンゴル茶付き
          小学生以下保護者同伴で無料
          小さなお子様連れ大歓迎!

《主催&お問い合わせ&予約》 
ワールドカルチャーパーク実行委員会
住所  岡山県総社市中央3-13-117
  (スタジオ・ザ・ブーン内 総社ハローワークそば)
携帯 080-5238-3436  
メール studio-the-boone1989@ezweb.ne.jp
スタジオ・ザ・ブーンHP http://homepage3.nifty.com/studio-the-boone/
NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁHP http://www.shagaa.com/

♪遊牧民の民族楽器の音色をモンゴルの映像とともにお楽しみいただけます♪

アマースレン・ドルジパラム(馬頭琴)
馬頭琴(モンゴル国ではモリンホールと呼ばれる)は、モンゴル民族楽器を代表する楽器である。弦と弓に馬の尻尾の毛が使われ、馬の彫刻が施されるなど、遊牧民がもっとも良きモノとする馬との関わりが深い楽器であり、人々の運気を高め、良きモノを迎え入れ、悪しきモノを追い払うことのできる特別な楽器として敬われている。演奏者のアマースレン・ドルジパラム氏はモンゴル国文化功労者勲章を授与され、多くのコンクールで入賞経験を持つ演奏者であり、さらにユネスコ制作の「現代馬頭琴演奏者曲集」に収録されるにいたる。特に音楽教育を受けたわけでもなく、医師免許を持ち、医大で教壇に立っていたという変わった経験を持つ。音楽が好きだという気持ちだけで音楽を続けてきた在野の演奏家であり、現在は幼稚園で子供達に音楽を教えている。氏は馬頭琴演奏のみならず数多くの賛歌、物語の弾き語りに加え、モンゴル伝統芸能の一つ「オルティンドー」も歌える多才な演奏家である

リヤス・クグルシン(ドンブラ)
ドンブラはカザフ民族楽器を代表する楽器の一つで、カザフ遊牧民たちの生活にもっとも近いところで、いつも奏でられてきた楽器である。ドンブラ独奏曲はもちろんだが、ほとんどの歌の伴奏がこの楽器で奏でられ、わずか2本の弦で奏でられているとは思いがたい表現力を持つ。モンゴル国のカザフ地域(アルタイ山脈北麓)では、今なお、カザフ文化の多くが昔ながらに伝えられてきた。演奏者のリヤス・クグルシン氏は幼少の頃よりドンブラ奏者の父のそばでその演奏を聴きながら育ったが、プロの演奏家とはならず医学の道に入った。医師免許を取得した後も、多くの人々にドンブラの腕前と歌声を高く評価され、機会があるごとに呼ばれては演奏を披露し、第一文化功労者勲章を持つに至っている。

西村 幹也(司会進行・スライド解説)
1994年モンゴル情報紙しゃがぁを創刊し、発行を続けながら、モンゴル地域でのフィールドワークで得た知識、情報を様々な形で紹介してきた。現在、北海道羊蹄山麓在住。文化人類学、宗教人類学を専門とし、特にシャーマニズムやトナカイ飼養民ツァータンの生活などを研究テーマとしてきたが、興味の範囲は音楽、芸術など広範囲に及ぶ。近年は写真展なども多く開催するようになっている。「もっと知りたい国モンゴル」(心交社2009)の他、共著多数。北海道民族学会会員。北海道立北方民族博物館研究協力員。NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ代表。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

国内最年少

ホステリングマガジンが届きました。今年もお世話になります。

犬山国際ユースホステルのペアレントさんは国内最年少の28才です。

愛知県犬山市の魅力を発信しています。20年以上前に訪問して以来行ってないですなあ!

スタジオザブーンロビーに置いています。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

倉敷支援学校

遊牧の民の調べコンサートの学校公演を倉敷市立倉敷支援学校で開催しました。小中高生、教職員全200名を超える方々にお聴きいただきました。ありがとうございました。

来週の日曜日はスタジオザブーンにて一般公演です。今年もコンサート+モンゴル祭り開催です。ご来場お待ちしております!

12:00からのモンゴル祭りでは、昨年実施のモンゴル衣装の体験、モンゴルの遊び(シャガイ)体験、モンゴル写真展、カザフ刺繍のワークショップ(有料)に加え、今年はモンゴル料理体験も実施します。

料理体験では、モンゴル料理のボーズを作ります。参加費無料です。試食ありです。小さなお子様でもOKです。どうぞお気軽にご参加ください。

15:00からは遊牧の民の調べコンサートを開催します。2012年から続いているコンサートも今年で7回目となります。こちらもどうぞお聴きください♪

遊牧の民の調べコンサート in 総社 Vol.7
    ~馬頭琴&ドンブラの音色~

日時 2017年1月29日(日)
   14:30開場 15:00開演
会場 スタジオ・ザ・ブーン
出演 アマースレン・ドルジパラム
   リヤス・クグルシン
   西村 幹也
料金 予約2000円 当日25
00円
          モンゴル茶付き
          小学生以下保護者同伴で無料
          小さなお子様連れ大歓迎!

《主催&お問い合わせ&予約》 
ワールドカルチャーパーク実行委員会
住所  岡山県総社市中央3-13-117
  (スタジオ・ザ・ブーン内 総社ハローワークそば)
携帯 080-5238-3436  
メール studio-the-boone1989@ezweb.ne.jp
スタジオ・ザ・ブーンHP http://homepage3.nifty.com/studio-the-boone/
NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁHP http://www.shagaa.com/

♪遊牧民の民族楽器の音色をモンゴルの映像とともにお楽しみいただけます♪

アマースレン・ドルジパラム(馬頭琴)
馬頭琴(モンゴル国ではモリンホールと呼ばれる)は、モンゴル民族楽器を代表する楽器である。弦と弓に馬の尻尾の毛が使われ、馬の彫刻が施されるなど、遊牧民がもっとも良きモノとする馬との関わりが深い楽器であり、人々の運気を高め、良きモノを迎え入れ、悪しきモノを追い払うことのできる特別な楽器として敬われている。演奏者のアマースレン・ドルジパラム氏はモンゴル国文化功労者勲章を授与され、多くのコンクールで入賞経験を持つ演奏者であり、さらにユネスコ制作の「現代馬頭琴演奏者曲集」に収録されるにいたる。特に音楽教育を受けたわけでもなく、医師免許を持ち、医大で教壇に立っていたという変わった経験を持つ。音楽が好きだという気持ちだけで音楽を続けてきた在野の演奏家であり、現在は幼稚園で子供達に音楽を教えている。氏は馬頭琴演奏のみならず数多くの賛歌、物語の弾き語りに加え、モンゴル伝統芸能の一つ「オルティンドー」も歌える多才な演奏家である

リヤス・クグルシン(ドンブラ)
ドンブラはカザフ民族楽器を代表する楽器の一つで、カザフ遊牧民たちの生活にもっとも近いところで、いつも奏でられてきた楽器である。ドンブラ独奏曲はもちろんだが、ほとんどの歌の伴奏がこの楽器で奏でられ、わずか2本の弦で奏でられているとは思いがたい表現力を持つ。モンゴル国のカザフ地域(アルタイ山脈北麓)では、今なお、カザフ文化の多くが昔ながらに伝えられてきた。演奏者のリヤス・クグルシン氏は幼少の頃よりドンブラ奏者の父のそばでその演奏を聴きながら育ったが、プロの演奏家とはならず医学の道に入った。医師免許を取得した後も、多くの人々にドンブラの腕前と歌声を高く評価され、機会があるごとに呼ばれては演奏を披露し、第一文化功労者勲章を持つに至っている。

西村 幹也(司会進行・スライド解説)
1994年モンゴル情報紙しゃがぁを創刊し、発行を続けながら、モンゴル地域でのフィールドワークで得た知識、情報を様々な形で紹介してきた。現在、北海道羊蹄山麓在住。文化人類学、宗教人類学を専門とし、特にシャーマニズムやトナカイ飼養民ツァータンの生活などを研究テーマとしてきたが、興味の範囲は音楽、芸術など広範囲に及ぶ。近年は写真展なども多く開催するようになっている。「もっと知りたい国モンゴル」(心交社2009)の他、共著多数。北海道民族学会会員。北海道立北方民族博物館研究協力員。NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ代表。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

明日台北カフェ・ストーリー

明日開催です。スタジオザブーン2017年最初のイベントです。みなさまの参加をお待ちしております。
KrAcK2834×Studio The Boone 2017新春特別企画
映画『台北カフェ・ストーリー』鑑賞会

【上映日時】2017年1月22日(日)
      13:00~ 16:00~ 19:00~ 3回上映
【会場】スタジオ・ザ・ブーン
【料金】※13:00~ 16:00~ 事前予約制 1500円
      映画+ドリンク+スイーツ 定員各回30名
    ※19:00~ 予約1000円 当日1200円 定員50名
      映画上映のみ ドリンク、スイーツの販売なし
    ※どの回も小学生以下保護者同伴で映画鑑賞無料
    ※ドリンク、スイーツの追加販売あり(なくなり次第終了)
【予約&お問い合わせ】
  スタジオ・ザ・ブーン
  ☎080-3653-7197  
  ✉yhosso19731220@yahoo.co.jp

2016年9月、総社商店街筋に『カフェ&ギャラリーKrAcK2834』がオープンしました。
2017新春特別企画、同店オリジナルのドリンクとスイーツ付きの映画鑑賞会です。
ドリンク&スイーツと共に映画『台北カフェ・ストーリー』をお楽しみください。

Synopsis
「あなたにとって 一番 大切なものは?」   台北で美人姉妹がカフェをオープンする。
このカフェでは「物々交換」が人気に。   物と物を交換するとき、実は物にまつわるストーリーも同時に交換している。
そして、姉妹は価値観を変えていく。
Story
OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したもののお客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。
ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。                 
2010年 台湾 81分 配給:ユナイテッドピープル

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

鬼もうち 福もうち

いつもお世話になっているきび工房「結」さんで開催の『鬼もうち 福もうち』のご案内です。どうぞご参加ください!

温羅伝説の伝わるまち総社
節分にちなんで
自費出版「鬼の涙」
源内 満弓さんの絵の展示など
きび工房「結」に縁のある
「鬼」がやって来ます。
2月1日(水)から2月4日(土)11:00~16:00

スペシャルイベント
2月3日(金)19:00から21:00
「鬼の涙」朗読会
チケット:1,500縁(ワンドリンク付)
定員:20名
朗読
 石田 節子 
 宇田 由美子
 金池 兼広
 平田 勉
即興演奏
 朝田 恵利

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

はんげんぱつ新聞

今年もお世話になります。はんげんぱつ新聞。

12月号が届きました。

100%自然エネルギーを目指して、福島で第1回世界ご当地エネルギー会議を会議を開催。

ベトナムが原発計画を中止、マレーシアは計画延期。

スタジオザブーンロビーに置いています。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

1周年&コンプリート

一周年&コンプリート
ミンガリングダイナーへ行ってきました。

この日は開店1周年の記念イベントで盛り上がっていました。

フルーツシューケーキのスタンプラリーもこの日でコンプリートです。

今年もミンガリングダイナーを楽しみましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

ユニセフニュース252

今年もお世話になります。ユニセフ・ニュース。252号が届きました。

 すべての子どもたちに遊びとスポーツの機会を

スタジオザブーンロビーに置いています。どうぞご覧ください、。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

あしながファミリィー147

今年もあしながファミリィーをよろしくお願いします。147号が届きました。

ドナルド・トランプ氏に学ぶこと~批判的思考力&論理力&決断力

スタジオザブーンロビーに置いています。どうぞご覧ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

モンゴル料理~ボーズ

1月29日(日)12:00からモンゴル祭り、15:00から遊牧の民の調べコンサート開催です。

12:00からのモンゴル祭りでは、昨年実施のモンゴル衣装の体験、モンゴルの遊び(シャガイ)体験、モンゴル写真展、カザフ刺繍のワークショップ(有料)に加え、今年はモンゴル料理体験も実施します。

料理体験では、モンゴル料理のボーズを作ります。参加費無料です。試食ありです。小さなお子様でもOKです。どうぞお気軽にご参加ください。

15:00からは遊牧の民の調べコンサートを開催します。2012年から続いているコンサートも今年で7回目となります。こちらもどうぞお聴きください♪

遊牧の民の調べコンサート in 総社 Vol.7
    ~馬頭琴&ドンブラの音色~

日時 2017年1月29日(日)
   14:30開場 15:00開演
会場 スタジオ・ザ・ブーン
出演 アマースレン・ドルジパラム
   リヤス・クグルシン
   西村 幹也
料金 予約2000円 当日25
00円
          モンゴル茶付き
          小学生以下保護者同伴で無料
          小さなお子様連れ大歓迎!

《主催&お問い合わせ&予約》 
ワールドカルチャーパーク実行委員会
住所  岡山県総社市中央3-13-117
  (スタジオ・ザ・ブーン内 総社ハローワークそば)
携帯 080-5238-3436  
メール studio-the-boone1989@ezweb.ne.jp
スタジオ・ザ・ブーンHP http://homepage3.nifty.com/studio-the-boone/
NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁHP http://www.shagaa.com/

♪遊牧民の民族楽器の音色をモンゴルの映像とともにお楽しみいただけます♪

アマースレン・ドルジパラム(馬頭琴)
馬頭琴(モンゴル国ではモリンホールと呼ばれる)は、モンゴル民族楽器を代表する楽器である。弦と弓に馬の尻尾の毛が使われ、馬の彫刻が施されるなど、遊牧民がもっとも良きモノとする馬との関わりが深い楽器であり、人々の運気を高め、良きモノを迎え入れ、悪しきモノを追い払うことのできる特別な楽器として敬われている。演奏者のアマースレン・ドルジパラム氏はモンゴル国文化功労者勲章を授与され、多くのコンクールで入賞経験を持つ演奏者であり、さらにユネスコ制作の「現代馬頭琴演奏者曲集」に収録されるにいたる。特に音楽教育を受けたわけでもなく、医師免許を持ち、医大で教壇に立っていたという変わった経験を持つ。音楽が好きだという気持ちだけで音楽を続けてきた在野の演奏家であり、現在は幼稚園で子供達に音楽を教えている。氏は馬頭琴演奏のみならず数多くの賛歌、物語の弾き語りに加え、モンゴル伝統芸能の一つ「オルティンドー」も歌える多才な演奏家である

リヤス・クグルシン(ドンブラ)
ドンブラはカザフ民族楽器を代表する楽器の一つで、カザフ遊牧民たちの生活にもっとも近いところで、いつも奏でられてきた楽器である。ドンブラ独奏曲はもちろんだが、ほとんどの歌の伴奏がこの楽器で奏でられ、わずか2本の弦で奏でられているとは思いがたい表現力を持つ。モンゴル国のカザフ地域(アルタイ山脈北麓)では、今なお、カザフ文化の多くが昔ながらに伝えられてきた。演奏者のリヤス・クグルシン氏は幼少の頃よりドンブラ奏者の父のそばでその演奏を聴きながら育ったが、プロの演奏家とはならず医学の道に入った。医師免許を取得した後も、多くの人々にドンブラの腕前と歌声を高く評価され、機会があるごとに呼ばれては演奏を披露し、第一文化功労者勲章を持つに至っている。

西村 幹也(司会進行・スライド解説)
1994年モンゴル情報紙しゃがぁを創刊し、発行を続けながら、モンゴル地域でのフィールドワークで得た知識、情報を様々な形で紹介してきた。現在、北海道羊蹄山麓在住。文化人類学、宗教人類学を専門とし、特にシャーマニズムやトナカイ飼養民ツァータンの生活などを研究テーマとしてきたが、興味の範囲は音楽、芸術など広範囲に及ぶ。近年は写真展なども多く開催するようになっている。「もっと知りたい国モンゴル」(心交社2009)の他、共著多数。北海道民族学会会員。北海道立北方民族博物館研究協力員。NPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ代表。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

明日はミンガリングヘ

明日はこちらに参加します。みなさまもご一緒に!

THE MINGERING DINER 1周年の記念イベントです。
どなたでもお気軽にお越しくださいね♪♪

ライブ
宮腰理
DO THE CAMEL WALK
strike three!

DJ
瀬戸内ロッカーズ
モリッシー
とみー
フランケン
サモアマン

GOODPEOPLE feat.FRF and more

ライブペイント
下村海

イベント限定のフードメニューも販売!!
日曜日のお昼間、15時からの開催です。


2017年  1月 15 日(日曜日)
15:00 〜 21:30 1000yen with 1drink

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

東北訪問2017

東北訪問2017始動です。

昨年末のスタジオザブーン忘年会の際に、今年の東北訪問話をさせていただきました。

日程&訪問予定先です。復興状況により変更になる場合があります。ご了承ください。

興味のある方はスタジオザブーンまでご一報ください。

  日程   2017年6月10日(土)~12日(月)2泊3日
  訪問先 岩手県大船渡市&釜石市

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

明日エントリー締切

2月26日(日)開催の『そうじゃ吉備路マラソン2017』のエントリー締切が明日となりました。まだの方はお早めにどうぞ!

今年もスタジオザブーンは4名がエントリーです。

今年は公務員ランナーの川内優輝選手や男子高校駅伝で優勝した倉敷高校のメンバーも走ります。

熱い声援をよろしくお願いします!

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

こたつ100個

年末の総社の風物詩『こたつ100個ライブ』へ行ってきました。

今回で4回目の開催、毎回家族で楽しんでいます。

小さなお子様連れで賑わっていましたね♪

身も心もぽっかぽかになりました。

次回も楽しみにしています。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

新春特別企画~クラック&ザブーン

スタジオザブーン2017年最初のイベントは、映画『台北カフェ・ストーリー』鑑賞会です。 昨年9月に総社商店街筋にオープンしたクラックさんとスタジオザブーンによる新春特別企画です。 13:00~と16:00~の回は事前にご予約(1500円)いただくと、当日の映画鑑賞&ドリンク&スイーツに加え、後日クラックさんとスタジオザブーンで利用できるサービス券が付いてきます。 みなさまのご来場をお待ちしております!
KrAcK2834×Studio The Boone 2017新春特別企画
映画『台北カフェ・ストーリー』鑑賞会

【上映日時】2017年1月22日(日)
      13:00~ 16:00~ 19:00~ 3回上映
【会場】スタジオ・ザ・ブーン
【料金】※13:00~ 16:00~ 事前予約制 1500円
      映画+ドリンク+スイーツ 定員各回30名
    ※19:00~ 予約1000円 当日1200円 定員50名
      映画上映のみ ドリンク、スイーツの販売なし
    ※どの回も小学生以下保護者同伴で映画鑑賞無料
    ※ドリンク、スイーツの追加販売あり(なくなり次第終了)
【予約&お問い合わせ】
  スタジオ・ザ・ブーン
  ☎080-3653-7197  
  ✉yhosso19731220@yahoo.co.jp

2016年9月、総社商店街筋に『カフェ&ギャラリーKrAcK2834』がオープンしました。
2017新春特別企画、同店オリジナルのドリンクとスイーツ付きの映画鑑賞会です。
ドリンク&スイーツと共に映画『台北カフェ・ストーリー』をお楽しみください。

Synopsis
「あなたにとって 一番 大切なものは?」   台北で美人姉妹がカフェをオープンする。
このカフェでは「物々交換」が人気に。   物と物を交換するとき、実は物にまつわるストーリーも同時に交換している。
そして、姉妹は価値観を変えていく。
Story
OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したもののお客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。
ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。                 
2010年 台湾 81分 配給:ユナイテッドピープル

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

2017年スタート

2017年酉年、新年あけましておめでとうございます。

1月5日からスタジオ利用開始、8日は子ども新年会開催と新年がスタートしています。昨日はたくさんの子どもたちで賑わいました。ご参加のみなさん、ありがとうございました。各種差し入れもありがとうございました。

本日よりスタジオザブーンブログ、Facebook、Twitter再開です。

今年も様々なイベントで総社を盛り上げていきます。

スタジオザブーンをどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 総社情報へ

| | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »